トヨタ パッソ 新型 2021 27

Copyright © 2020 Creative Trend All Rights Reserved. ~さすがにGTIという名称で登場する可能性は低いと思う~ 以前、トヨタの新型ホットハッチモデル「GRカ ... 日本メーカ, >ダイハツ, >トヨタ/レクサスダイハツ, トヨタ, パッソ, フルモデルチェンジ, ブーン, 新型パッソ, 新型ブーン, フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビックの開発車両が日本国内でも目撃に!しかも未だスパイショットされていないハッチバックだ!【動画有】. ※2019年9月13日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません, 【諸元・スペック】 すでに公表されているように、ダイハツは新しい車づくりとして、DNGAを推し進めており、その第1弾として新型タントが2019年7月に発売された。 しかし、欧州向けに限っていえば、イグニスの下に位置するエントリーモデルの刷新を自ら行うのは、費用対効果の面からメリットが少ないのかもしれない。 大きな経済効果が見込めるブラックフライデーだからこそ、自動車ディーラーも値引き・ ... フルモデルチェンジ版・日産の新型キャッシュカイ(日本名:デュアリス)のティーザー画像が世界初公開!エンジンはe-POWER含む2種類…プロパイロットは?. クルマ > スズキ 搭載エンジンは、引き続き1L直3が採用される見通しだ。また、CVTには新型タント同様、スプリットギアが採用されて、変速比をワイド化。高速域でのエンジン回転数上昇が回避される。 / 当然、軽量化が図られて、燃費とハンドリング性能が改善されることも想像に難くない。 フルモデルチェンジするトヨタ新型パッソの発売日は、2021年4月が予定されています。 トヨタはエントリーカーであるパッソの走りや質感をアップすることで、上位となるヤリス、カローラスポーツとの相乗効果を高め、ユーザーにアピールしていきたい考えです。 ハッチバック パッソ MODA Gパッケージ. パッソ トヨタ パッソ の公式サイト。安全性能、走行性能、スペース・収納、機能・装備などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。 その車がイグニスをライバル視したコンパクトクロスオーバーSUVであることは、2019年4月8日に報じたとおりだ。 2020年から2021年に登場予定のトヨタ新車を一気に紹介する。ヤリス、アクア、パッソ&ブーン、rav4 phv、ヤリス grスポーツ、86&brz、プリウスgr、miraiなどが登場する。 ルノーの人気コンパクトSUVが「キャプチャー」。個人的に地味に好きなデザイン。意外と車両価格もお安く、キャプチャーはおすすめの割安輸入車SUV。 ただこの度、ルノー新型キャプチャーがフルモデルチェンジを行うことが決定。既に海外では次期... 【最新情報】マツダ新型CX-3は本当にフルモデルチェンジするのか?CX-30の投入で販売終了は確定?フルモデルチェンジするとしたら発売時期は?新型CX-3は改名?次期MAZDA2がベース?, 【2020】ロールスロイス新型ゴースト フルモデルチェンジ最新情報まとめ【発売日】, 【2021】スバル新型WRX フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日は2022年に遅れる?次期デザインや搭載エンジンはどうなる?【S4・STI】, 【2020年12月25日】スズキ新型ソリオ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!デザインかっこよすぎ?発売日は?フルハイブリッドは?, 歴史が古い長寿車種ランキング6車種まとめ!50年以上も発売が続く意外なモデルとは?【国産車最新版】, 【2020年12月9日】トヨタ新型MIRAI フルモデルチェンジ最新情報まとめ!価格は?安全装備は?次期デザインはダサい?【ミライ発売日】, 【2020年12月】ホンダ新型N-BOX マイナーチェンジ最新情報まとめ!電動パーキングブレーキは搭載される?, 【2022】レクサス新型NX フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ついにPHV投入?車体拡大?発売日や次期デザインは?, 【2024】ホンダ新型CR-V フルモデルチェンジ最新情報まとめ!やっぱりEVに進化する?, 【2025】ホンダ新型NSX フルモデルチェンジ最新情報まとめ!完全なピュアEVに進化?. 旬ネタ > 日刊カーセンサー > トヨタ パッソの新車・中古車情報をまとめてチェック。パッソ新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。価格・性能・装備がわかるパッソの諸元表で気になるグレードを詳しく比較。ユーザーレビューや値引きのクチコミ情報もあります。 次期パッソ/ブーンから見える、トヨタ・ダイハツ・スズキの壮大な計画, タグ: / ヤリス、ヤリスクロス、ハリアーと、2020年も次々に新型を登場させたトヨタですが、まだまだ新型車攻勢は続きそうです。そこで、2020年には間に合いそうもないですが、2021年にも発売されそうなトヨタの新型車をまとめてみました。 トヨタはパッソのフルモデルチェンジを行い2021年10月に発売する。現行3代目と同様にダイハツが開発から生産まで一貫して担当する。同日新型「ブーン」も発売される。 トヨタ アイゴ、プジョー 108、シトロエン C1の3兄弟車として販売されており、現行モデルは2014年に発表された。 / 2021年 ダイハツが大きく動く!! 前述のアイゴ3兄弟車が生産されているTPCAについては、トヨタがPSAから全株式を取得して2021年1月に完全子会社化することが決まっている。 そのアイゴをブーン、パッソと統合、もしくは兄弟車にできないか? との検討をトヨタが進めていることがわかった。 トヨタはパッソのフルモデルチェンジを行い2021年10月に発売する。現行3代目と同様にダイハツが開発から生産まで一貫して担当する。同日新型「ブーン」も発売される。新型 パッソ フルモデルチェンジについて3代目同様に、ダイハツ ブーンのoem 「スマートアシストⅡ」「スマートアシストⅢ」「次世代スマートアシスト」の違いについて, トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売, トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2021年7月発売, トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売, 日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年12月23日発売, 2014年4月14日にマイナーチェンジを行い、トヨタとダイハツで共同開発した新1Lエンジンを搭載し. 【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。 ちなみにダイハツは、2025年にDNGA採用車を250万台生産し、半分はトヨタ向けが占める計画だ。, DNGA世代の新開発プラットフォームは、フレームを直線構造から一部曲線に変えることで、衝突エネルギーの分散や、曲げ剛性アップを実現。 スマートアシストは、ダイハツ工業が開発した予防安全機能ある。進化版である「スマートアシストII」「スマートアシストIII」「次世代スマートアシス」についてまとめてみた。 スマートアシストとは? スマートアシストは、レーザーレーダを用いて... ダイハツはブーンのフルモデルチェンジを行い2021年10月に発売する。現行3代目と同様にダイハツが開発から生産まで一貫して担当する。トヨタはOEMで新型「パッソ」を同日発売する。 新型 ブーン フルモデルチェンジについて 3代目同様に、... トヨタ 新型 パッソ マイナーチェンジ マイナーチェンジ スマートアシストⅢを全車に標準装備 2018年10月10日発売. ④緊急ブレーキ(対車両、対歩行者) 衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。, 車線逸脱抑制制御機能 走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。更に車線内に戻すようステアリン グ操作をアシスト。, 先行車発進お知らせ機能 停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせ。, AT誤発進抑制制御機能+ブレーキ制御付誤発進抑制機能 ①前方誤発進抑制制御機能 ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。②後方誤発進抑制制御機能 リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。更にブレーキ制御を付加した。, ハイビームアシスト ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。, アダプティブドライビングビーム ハイビームで走行中に、対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光。, 標識認識機能 進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ。, 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車 まで制御。(グレード カスタムRS,Xターボ のみ), レーンキープコントロール 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト。(グレード カスタムRS,Xターボ のみ), 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 軽自動車初 左右のカメ ラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。(グレード カスタムRS,カスタムX,Xターボ,X のみ), サイドビューランプ 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させること で、ステアリングを切った方向を明るく照射。(グレード カスタムRS,カスタムX,Xターボ,X のみ), パッソは2代目で2010年2月15日から販売を開始。2014年4月14日にマイナーチェンジを行い、トヨタとダイハツで共同開発した新1Lエンジンを搭載しJC08モード燃費を6.4km/L向上(21.2km/L → 27.6km/L)パッソはダイハツとの共同開発による車種で、企画およびマーケティングはトヨタ主導、設計および開発・生産はダイハツ主導で行われている。ダイハツのブーンとはバッジエンジニアリングによる双子車ではあるがOEM関係にはない。パッソとブーンの型式に共通性がない事や、製造事業者はパッソがトヨタ、ブーンがダイハツになるのはこのためである。トヨタはダイハツに生産を委託する形を取っている。, 3代目新型パッソのフルモデルチェンジを行い2016年4月12日に発売した。新型パッソが発売されると同時に新型ブーンも発売される。そして今回からダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、トヨタに対して供給するOEM車となっている。そして今回の3代目のフルモデルチェンジではサイズなどは現行を維持。丸5年でのフルモデルチェンジを果たすこととなった。, 現行は1.0L 直列3気筒DOHCと1.3L 直列4気筒DOHCモデルがあるが1.0Lモデルのみとなる+Hanaモデルが廃止となり、代わりにパッソモーダという新モデルが登場。新型パッソモーダは現行シエンタのような見た目となり言わばパッソの上級モデルである。新型プリウスや新型シエンタなどのヘットライトにも採用されたBi-Beam LEDヘッドライトを採用。ヘッドライトユニットは1眼でハイビームとロービームを使い分ける更に、シャープな印象を与えるLEDクリアランスランプを組み合わせて採用した。LEDリヤコンビネーションランプも採用された。現在のラインアップでは今では当たり前となりはじめている、先進技術を取り入れる。トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、パッソは設計および開発・生産をダイハツが行っているため「スマートアシストⅡ」が採用される。, パッソのマイナーチェンジを行い2018年10月10日に発売した。「スマートアシストⅡ」から「スマートアシストⅢ」を搭載し全車標準装備とする。エクステリアとインテリアのデザインを変更し印象を一新する。, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); まずは「発売日・発売時期」の最新情報。トヨタ新型パッソ(ダイハツ新型ブーン)はいつフルモデルチェンジを果たすのか?, 結論から書くと、トヨタ新型パッソの発売日は2021年以降と報じるのはマガジンXの最新情報。一方、「2021年4月」と更に発売時期を具体的に絞ってるのがベストカーの最新情報。どうやら次期パッソ・ブーンのモデル周期は約5年とどちらも見てる模様。, そして、新型パッソや新型ブーンの開発の主体は引き続き「ダイハツ」が担います。2019年7月は新型タントのフルモデルチェンジ、11月には新型ロッキー(新型ライズ)の発売、2020年後半にはダイハツ新型ムーブのフルモデルチェンジが立て続けに予定。, ただダイハツの限られた開発リソースを考えると、また昨今のコロナの事情も踏まえると、どこまで新型パッソ・ブーンの開発に割けるかは微妙か。これまでのパッソは「6年周期」でフルモデルチェンジされてるため、発売時期が2022年以降に伸びる可能性も高そうです。, 結論から書くと、トヨタ新型パッソにはダイハツの「DNGAプラットフォーム」が新たに採用されます。このDNGAは基本フレームを曲線構造に変えることで、これまでよりねじり剛性や車体の衝突安全性を向上させたプラットフォーム。, 既に新型タントや新型ライズ(新型ロッキー)に採用されており、どちらも試乗の評判は上々。, もちろんパッソはコンパクトカー。「軽自動車のシャシーを使って大丈夫なん?」という疑問もわきそうですが、DNGAはBセグメントまで対応できるように初期から開発が進んでた。ロッキーでも評判が上々ですから、パッソごときは問題なし。, ましてや、現行パッソは10年以上前に発売された先代モデルのシャシーを流用してる。その古いシャシーと比べると、新型パッソの剛性感を心配する必要はなさそうです。軽くてフニャフニャだったハンドリングも、フルモデルチェンジ後はしっかり感が増しそう。, まずは変速機ですが、フルモデルチェンジ後は「新型CVT(D-CVT)」に換装される予定です。CVTはCVTのままですが、このD-CVTはスプリットギアが採用されており、8速AT並のワイドレンジ化に成功。エンジンの加速感をダイレクトに体現してくれる。, トヨタ・ルーミー(ダイハツ・トール)の1.0L直3ターボの搭載も期待されますが、新型パッソ・ブーンの価格帯を考えると見送りの公算大でしょう。次期デザインは後述しますが、新型パッソは内外装の質感も高めてくるため、エンジンまで力を入れられないのかも知れない。, そのため車体の剛性やハンドリングなどは進化しそうですが、新型パッソの加速感については大きな進化は見られないでしょう。, そして、安全装備はダイハツの全車速域追従クルコン(ACC)付きの自動ブレーキシステムに換装されそう。ACCの精度がイマイチといった評判もあるため、第二世代トヨタセーフティセンスを新型パッソにそのまま投入しても良さそう。, 既にダイハツはトヨタの子会社になった以上、そこまでダイハツ製に全部こだわる必要なくね?といい加減思ってしまう。, 結論から書くと、「トヨタ新型パッソの次期デザインはトヨタ・アイゴ風に近づく」と報じるのはマガジンXの最新情報。, ちなみに、トヨタ・アイゴとはトヨタがチェコで開発生産してるAセグメントカー。主にヨーロッパのみで展開してるヤリスより一回り小さい車種。韓国ドラマに頻繁に聞かれそうなフレーズですが、アイゴの車名の意味は「I go」。, 例えば、新型パッソのリア周りはアイゴのように縦長のコンビランプが採用され、リアガラスとハッチゲートが一体化する模様。リアバンパー下部にはガーニッシュカバーがあしらわれ、新型パッソはややスポーティーさも増す模様。, 一方、新型パッソ(ブーン)の次期デザインは「コストを抑えた構造」とも報じられます。そのためホンダ新型N-WGNのように「かなりプレーン」な印象も強まるかも知れない。ダイハツが開発してるだけあって、ミライースのように「質素なデザイン」に軸足が置かれる可能性も。, 一方、「次期デザインは清潭さが増す」と報じるのはベストカーの最新情報。新型パッソはさながらスペイド風に仕上がる様子。どこかフランス車のシトロエンを彷彿とさせるフロントマスク。車体の小ささも相まって、意外とあり?, 少なくとも新型パッソのデザインはキープコンセプトとは見てる自動車メディアは少なめ。, 結論から書くと、トヨタ新型パッソは海外専売の「トヨタ・アイゴ」と兄弟車になると報じるのは、やはりマガジンXの最新情報。だから、新型パッソとアイゴのデザインが似通うのも当然の話なのか。さながら三兄弟といったところ。, トヨタの2代目現行アイゴが発売されたのが2014年。現行パッソがフルモデルチェンジした時期とあまり変わらない。初代アイゴが2代目にフルモデルチェンジするまで9年経過してるので一概に言えないものの、新型パッソと同時にフルモデルチェンジが行われるとしてもおかしくない。, つまり、ダイハツが「次期パッソ」「次期ブーン」「次期アイゴ」の三兄弟を同時に開発してる可能性が考えられます。, この仮説が事実であれば、ダイハツのマンパワー不足が懸念されるところですが。現在の自動車業界の関係図を見ると、トヨタはダイハツを完全子会社化するだけではなく、実はアイゴを生産している合弁会社のTPCAも子会社化にしてる。, 既に新型パッソとアイゴが兄弟車になる下地は存在。結果的に、パッソが「アイゴ」という名前を借りて世界に羽ばたく可能性が考えられます。他にもスズキが次期アイゴ(次期パッソ?)のOEM供給を受けるという面白い情報も流れております。, さすがにスズキもコンパクトカーを強みにしてる自動車メーカーのため考えにくいと思いますが、ソリオとスイフトが取りこぼしてる需要を埋める価値はあるのか。, 結論から書くと、トヨタ新型パッソ(ダイハツ新型ブーン)に「スポーツグレード」が新たに設定されそう。最近は各メーカー、各ブランドでスポーツグレードの投入が目立ちます。実際に売れてるかどうかはさておき、新型パッソ・ブーンもご多分に漏れず。, 搭載エンジンは「1.0L直3ターボエンジン」。ルーミーなどに搭載されてるターボエンジンが一瞬頭によぎりますが、ダイハツが新開発する新型ターボとのこと。あくまでパッソはダイハツが開発してるため、トヨタ新型ヤリスのスポーツグレードなどに今後投入されるものとも違うはず。, この新開発の1.0L直3ターボエンジンの最高出力は110PS、最大トルクは20.0kgmを発生する予定。ルーミーやタンクに搭載済みの1.0Lターボよりも10馬力、6.0kgmほどパワフル。パッソのくせに非常に生意気なスペックに仕上がる模様。いずれルーミーなどに逆輸入されるか。, ダイハツ製のコペンGRのような例があるため、パッソにもGRブランドが投入されたとしてもおかしくないですが、これまでの情報を見る限りはあくまで「スポーティーな新グレード」という位置づけ。GR風のカスタマイズまではされないと思います。, これまで試乗した自動車や新型車は数百台以上。最新の新型車のフルモデルチェンジ情報や自動車ニュース雑学、クルマ選びに役立つ車種同士の比較などに精通。, 2014年開設の「くるまン。」は累計600万PV超え。現在は自動車情報サイト『カーギーク』とマンガ考察サイト『ドル漫』メインに運営中。, 【最新情報】ホンダ新型NSXが2025年にフルモデルチェンジと判明?アメリカのGMと共同開発で完全なピュアEVに進化?発売時期,次期デザイン,価格など新型NSXの最新情報徹底まとめ!, 【最新情報】トヨタ新型ハリアーが2020年6月17にフルモデルチェンジ確定?発売日は?スペックや価格情報は?次期デザインはクーペSUVに進化?デジタルインナーミラーも標準装備?みんな気になる新型ハリアーのフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説!, 【最新情報】フォルクスワーゲン新型ゴルフ8が2020年初夏にフルモデルチェンジと判明?新型ゴルフ8はついにハイブリッド化?eTSIとは?ゴルフ7との違いとは?発売日以外にも次期デザイン,価格情報,スペック,搭載エンジンなど新型ゴルフ8のフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説!【次期GOLF】, 【最新情報】三菱新型eKワゴンが2019年4月にフルモデルチェンジ決定!新型eKワゴンのデザインはデリカD5顔に?兄弟車・デイズのフルモデルチェンジと何が違うのか?ハスラー対抗の「eKクロス」など新型eKワゴンの価格情報,次期デザインなどフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説!, 【最新情報】ホンダ新型N-WGNが2019年7月18日にフルモデルチェンジ確定!次期モデルの外観デザイン,価格情報など新型N-WGNのフルモデルチェンジ最新情報が全て判明丸わかり!, 【最新情報】トヨタ新型RAV4が2019年4月10日に復活決定!トヨタ新型RAV4のスペック,価格情報,次期デザインなど最新情報を徹底解説!RAV4の車名の由来などおさらい!果たして「C-HR以上ハリアー未満」のトヨタ新型RAV4は人気が出る?. 同社はダイハツと同じく小型車づくりを得意としており、わざわざトヨタ陣営からコンパクトカーを調達する真意は理解しにくい。 中心的車種が続々新型へ 新規ミニバンも登場か 昨年はロッキー、今年はタフトと新車が出た。今後も新型コンパクトミニバン、ムーヴのフルモデルチェンジなど、ニューモデルが続々登場する。ベストカーが入手したダイハツ新車情報をお届け。 ブーン 中古車トップ > 1.ライバル車種を 2車以上 競わせる. トヨタは、フォルクスワーゲンの「up!」を意識してパッソのフルモデルチェンジを実施します。 ■全長×全幅×全高:3650×1670×1500(mm) 新世代とし魅力をアップするトヨタ新型パッソについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。, トヨタ・パッソは、ダイハツが販売する「ブーン」のOEMモデルとなっており、ブランドのエントリーコンパクトカーとしてラインナップされ、その使い勝手や価格が人気になっています。, フルモデルチェンジする新型パッソでは、フォルクスワーゲン「up!」に対抗しスポーツ性能をアップ。, 【ダイハツ新型ブーン】フルモデルチェンジ!最新情報、ブーンGT 6MT1Lターボ、燃費や価格、発売日は?, トヨタ新型パッソの外装は大幅に変更され、上位モデルとしてラインナップされる「ヤリス(現行名:ヴィッツ)」と共通点をもったデザインとされます。, 現行モデルは、日常に溶け込むシンプルさや可愛らしさが重要視されていましたが、新型パッソでは走りの良さや先進性をアピール。, ライバルとなるフォルクスワーゲンの「up!」「ポロ」「ゴルフ」のラインナップに対抗するため、パッソは「up!」を意識して設計されます。, これまで設定のなかったスポーツモデルも用意され、トヨタが欧州市場で販売しているエントリーコンパクト「アイゴ」や、トヨタのWRC参戦マシン「ヤリスWRC」からくるエクステリアパーツが装備されます。, しかし、最新プラットフォーム「DNGA」により重心をダウンすることで、走行性能をアップ。, あわせてホイールベースを拡大し空間効率を向上することで、室内スペースも拡大されます。, トヨタ新型パッソの内装は、エクステリアと同じくより上級を意識し、質感の高い素材が使用されます。, 装備に新しくスマホ連携ディスプレイオーディオが設定され、SmartDriveLinkやApple CarPlay対応のスマホがディスプレイ上で操作できるように。, ディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続することで、多彩なコネクティッドサービスにも対応します。, インテリアトリムは、これまでよりバリエーションを増やすことでデザイン性を重視するユーザーに対応。, 最新プラットフォームにより乗り心地を改善するほか、室内へのノイズの侵入も大幅に抑えられます。, トヨタ新型パッソのパワートレインには、直列3気筒1L自然吸気エンジンのほか、新世代の1Lターボエンジンが搭載されます。, 1L自然吸気エンジンは、吸気ポートのデュアルインジェクター&デュアルポート化を行うとともに、ピストン形状の最適化による高圧縮比、低フリクション化を実施することで滑らかな加速感と高い燃費性能を実現。, 組み合わせるトランスミッションは先に新世代モデル「ライズ」に採用されていた新開発の「D-CVT」とされ、ギヤを組み込むことで従来CVT同様の「ベルト駆動」に加え、より伝達効率の良い「ベルト+ギヤ駆動」が可能となる世界初の「パワースプリット技術」を採用。, 変速比幅をロー側、ハイ側ともに広げ、従来の5.3から7.3まで拡大することで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りが実現されます。, 1Lターボエンジンは、現在「ルーミー」や「タンク」に使用されるエンジンと同じ排気量ですが性能をアップするために新開発され、2Lエンジン級の大きなトルクを発揮。, スポーツモデルを用意するフォルクスワーゲン「up!」に対抗する新型ブーンのブランド力をアップするモデルになります。, 現行モデルは効率をアップした1LエンジンによりJC08モードで28.0km/Lの低燃費になっていましたが、新型パッソでは30km/Lが見込まれています。, 新設定される1Lターボエンジンは走行性能がアピールポイントとされ、20km/L台前半の燃費値になるとみられています。, トヨタ新型パッソの安全システムには、これまで搭載されていたスマートアシスト3をベースに、ステレオカメラの特性を余すことなく使い切る独自の制御ロジックを構築することで、機能をアップした新世代スマートアシストが採用されます。, 新世代スマートアシストには、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」や、左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えてステアリング操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」などを搭載。, 「レーンキープコントロール」や「車線逸脱抑制制御機能」も採用することで、運転がアシストされます。, トヨタ新型パッソの価格は、装備の充実などにより量販グレードの価格がアップされます。, 新型パッソでは現行モデル同様に低コストを重視したグレードも用意されますが、中心価格を5万円ほどあげることで装備を充実。, 新設定されるスポーツモデルのパッソGTは、専用のスポーツサスペンションなども装備しながら200万円未満になるとみられています。, フルモデルチェンジするトヨタ新型パッソの発売日は、2021年4月が予定されています。, トヨタはエントリーカーであるパッソの走りや質感をアップすることで、上位となるヤリス、カローラスポーツとの相乗効果を高め、ユーザーにアピールしていきたい考えです。, 車名の「PASSO」の由来は、イタリア語で「ステップ・足音」の意味する言葉となっており、気軽に乗れる軽やかなクルマをイメージし採用されました。, 初代と2代目はダイハツと共同開発され、企画とマーケティングはトヨタが担当、設計と開発、生産はダイハツが担当しました。, トヨタがダイハツへ生産を委託したことで、ダイハツ・ブーンとは兄弟車ですがOEM車両とは異なり、車両型式と製造事業者がそれぞれ違っていました。, 車体は初代ヴィッツより短い全長ながら室内が広く設計され、最小回転半径も軽自動車と同レベルの4.3mを実現。, フロアシフトとレバー式パーキングブレーキを採用したヴィッツに対し、コラムシフトと足踏み式パーキングブレーキを採用したパッソは、室内の収納にも優れたクルマとして人気になりました。, 2010年に登場した2代目では、商品企画から女性スタッフが中心となることで使いやすさを向上。, 通常のパッソのほか、専用のフロントバンパーやシャンパン塗装のアウトサイドドアハンドルやドアミラー、クリアタイプのリヤコンビネーションレンズなどにより上質感を追求した「パッソ+Hana(プラス ハナ)」も設定されました。, 2016年にフルモデルチェンジした現行モデルの3代目は、ダイハツからのOEM車両に変更。, 2代目まで設定されていた1.3Lエンジン車が廃止され、1.0Lエンジン車のみを設定。, 前モデルに設定された「+Hana」に代わりに新グレードの「MODA(モーダ)」が用意され、サテンメッキを施した専用フロントグリルやブラックアウトしたフロントピラーとセンターピラー、Bi-Beam LEDヘッドランプなどにより質感をアップ。, ボディサイズは2代目から大きな変更はありませんでしたが、ホイールベースを50mm延長したことでリアシートの足回り空間が75mm拡大されました。, 新型トヨタ・パッソについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Googleフォーム リンクを 貼る 4, 点滅信号 歩行者 優先 4, 宝くじ 当たる 誕生日 14, マイクラ Wiiu 神シード 12, ソリッドワークス アセンブリ 重い 7, キャノン のし紙 印刷 25, チア 大会 大阪 11, ヒゲダン ベース 結婚 8, 笛 紐 編み方 6, Desktop Vpn 音声 4, Windows Media Player 再生速度 音が出ない 4, ドラクエ7 職業 見た目 4, ゴム ベタベタ 重曹 35, ハロプロ オーディション 流れ 4, 自 練 入校式 4, 横 国 院試 簡単 14, Ipad 動画 共有 6, 欅 坂 46 スタッフ 文春 7, 写真 自分の顔 気持ち悪い 4, Vba エラー番号 13 23, Lg It Lgv36 評判 4, オンライン英会話 バイト 大学生 5, ネイキッド リア クランク シール交換 6, インターナビ 情報取得 できない 5, 犬 血管肉腫 奇跡 4, Dynabook Tv Center A102 5, ドイツ語 4格支配 動詞 19, ボイスキャディ Gl1 口コミ 4, あつ森 ローカル通信 通信エラー 9, 橋本愛 インスタ ストーリー 6, 犬 靴下 執着 4, 栃木県サッカー 太郎賞 2019 4, E4系 延命 いつまで 24, Weverse パソコン 音が出ない 4,

Start a Conversation

Your email address will not be published.