ctrader mt5 比較 12

スキャルピングにはTradeviewのcTraderがおすすめ!MT4やMT5に対する強みとは?, cTraderなどの透明性の高い取引環境の充実などに力も入れています。そのため、海外FX業者は単純に少額の資金からハイレバレッジで取引をしたいトレーダーだけでなく、スキャルピングが得意な中上級者にも利用者が広がっています。, しかし、ここで問題点があります。国内業者の多くは、一旦トレーダーのポジションを抱えることができるため、悪い意味で言えば、抱えたポジションをインターバンク市場に流さないこともできます。, 海外FX業者ではNDD方式と呼ばれるディーリングデスクを通さず直接インターバンクに注文を流す方式を採用しています。NDD方式には大きく分けてSTP方式やECN方式の2種類があります。, STP方式の場合は、呑んだ注文を自動的にシステムが複数のリクイディティプロバイダーと呼ばれる金融機関の中から最も有利なレートを選んで注文を流します。, 海外FX業者では主にSTP方式とECN方式の2つがあると説明しましたが、特に透明性の高い方式がECN方式です。ECN方式はSTP方式のようにトレーダーが出した注文が自動とはいえFX業者を通ることはありません。, ECN方式の場合、どこの価格にどのぐらいの注文があるかを把握することができます。大口の機関投資家がどの辺りで多く注文を入れているのかもわかりますし、投資家の多くがどういう考えでいるのかも丸わかりです。, まとめると、MT4やMT5は大口の注文をすることが多い人にとっては使いにくいプラットフォームです。約定スピードが遅いですし、複数の注文を一括で決済する機能がないので、スキャルピングが好きな人にとっては、いちいち閉じるポジションを何度も選ぶのは時間をかなり使ってしまいます。, またcTraderはECN口座なのでSTP方式の口座よりも狭いスプレッドで取引できます。, したがって、国内FX業者だけでなくMT4やMT5よりもずっと透明性が高い取引環境が望めます。, しかし、cTraderではそのようなことをせずとも簡単に日本時間への切り替えができるのです。, もちろんMT4のようにトレンドラインを引いたり各種のインディケーターは揃っているので、チャート画面に一目均衡表やボリンジャーバンドの表示などもできます。, cTrader唯一の弱点はEAの少なさです。MT4やMT5のEAは比較的簡単に作れますが、cTraderのEAはプログラム構築が難しく、ネット上にもあまり出回っていないのが現状です。, つまり日本人トレーダーが海外FX業者で信頼の置ける業者でcTraderを利用する場合、TradeviewとAxioryの2社から選ぶことになります。, MT4で取引をする場合、ECN口座は基本的にAxiroyやTitanFXがおすすめ!, レバレッジの低さが気にならないなら、Tradeviewはコストが一番安くおすすめ!, なぜなら、Tradeviewの方がスプレッドが狭く、手数料もAxiroyよりも安いためコスト面で最強だからです。, ご覧のようにほとんどの通貨でTradeviewの方がAxioryよりもスプレッドが狭いことがわかります。, さらに手数料がTradeviewの方がAxioryよりも1lotあたり1ドル安いことを考えると、さらに差は広がります。, 自動売買と裁量トレードを比較!下手な裁量よりも優良EAに自動売買させた方が稼げます。. !さらに複数のポジションをワンクリックで簡単に決済できます。スキャルピングをする人は複数のポジションを同時に建てる人も多いのでこの機能を使うことでスピーディーに取引ができるのです。, 例えば、それまでロングポジションを多く保有していたが、ドテンしてショートポジションを大量に注文したい場合も、一気にまとめて複数のポジションをロスカットでき、さらに注文もワンクリックで連続注文がしやすいのです。, またMT4は日本語や日本時間での表示が難しいです。特にMT4やMT5ではGMT標準時と呼ばれる日本よりも6〜7時間遅い時間帯で表示されています。海外には夏時間や冬時間もあるので、日本人の私たちにはちょっと困惑してしまいますよね?, 時間を日本時間表示に変更しようにも、そのためには特別なインジケーターを入れなければ設定できないので面倒です。しかし、cTraderではそのようなことをせずとも簡単に日本時間への切り替えができるのです。, 以下の赤く囲った部分はcTraderをズームアップしたもので、チャート画面のやや左側です。現在はJAなので日本語表示です。, もし、cTraderが英語表示であればここをクリックし日本語を選択すれば簡単に日本語表示にできます。さらに時間の表示を日本時間表示にしたい場合はcTraderの右下にある青く囲った部分にある△ボタンを押して一覧から日本時間に設定もできます。, 時間足についてもMT5の21種類には及ばないですが、MT4よりも多い14種類も揃っています。, これだけあれば時間毎の詳しいチャート分析も簡単にできますね。MT5の21種類には及びませんが、これだけあればMT5を選ぶ必要もないかもしれませんね。もちろんMT4のようにトレンドラインを引いたり各種のインディケーターは揃っているので、チャート画面に一目均衡表やボリンジャーバンドの表示などもできます。, もちろんMT4やMT5のようにスマートフォンやipadなどにも対応しているので、出勤先など外出先からも手軽にトレードをすることが可能です。このようにcTraderは機関投資家などの大口のトレーダーと同じような透明性の高い取引環境が得られるだけでなく、MT4やMT5で使える機能は備えており、とても使いやすいプラットフォームです。, ここからはcTraderのデメリットについて解説いたします。cTraderのデメリットは驚くほど少ないです。, cTrader唯一の弱点はEAの少なさです。MT4やMT5のEAは比較的簡単に作れますが、cTraderのEAはプログラム構築が難しく、ネット上にもあまり出回っていないのが現状です。FX業者によってはEA作成ツールの提供も行なっていますが、やはり作成は難しいのでEAを使った自動売買をしたい人はMT4やMT5を使った方が断然便利です。, 海外FX業者ではECN口座を取り扱っている業者はそれなりにありますが、cTraderを取り扱っている業者はそこまで多くありません。2019年現在日本人に知られている優良業者でcTraderを取り扱っている会社は以下の2社です。, もちろんさらにマイナーな会社を含めれば30社ほどあるようですが、日本語対応が全くない業者が多いのでハードルが厳しいです。つまり日本人トレーダーが海外FX業者で信頼の置ける業者でcTraderを利用する場合、TradeviewとAxioryの2社から選ぶことになります。, ここからはECN口座を取り扱っている人気の海外FX業者のXM、Axiory、Titanfx、Tradeviewを比較してみます。その前にそれぞれの業者毎に利用できるプラットフォームと利用できないプラットフォームがあるので以下の表にまとめてみました。なお全てECN口座で利用できるプラットフォームのみまとめています。, 表を見れば分かる通り、全てのプラットフォームに対応している業者はTradeview1社しかありません。XMについてはcTraderには対応しておらず、AxiroyについてはMT5に対応していません。, 初心者の場合はMT4が使えれば特に問題はありません。ただ中上級者の人にとっては、自分のトレードスタイルによって取引する業者を選ぶ必要があります。, ここからはそれぞれのプラットフォーム毎に一番良い海外FX業者を比較します。まずはMT4です。MT4は下記のような人にオススメのツールです。, MT4はここで紹介する4社以外の海外FX会社でも多くの会社が採用しているプラットフォームです。そのため、MT4を一度でも他の会社で使ったことがあれば、他の会社でMT4をダウンロードしても使い方に違いがないので簡単に取引ができます。, ここがポイント! MT4 X Leverage口座、MT4 ILC口座、MT5口座、cTrader口座、Viking口座。 それぞれの特徴を見てきましたが、皆さんはどの口座に惹かれますか? おそらく最もバランスの良いのはcTrader口座でしょうし、cTraderが使いたいがためにTradeviewを選ぶという方も一定数居られることと思います。 まず、cTraderは スキャルピングやデイトレードに特化した高機能トレードツールです。 1 cTrader対応の海外FXブローカー3社を比較; 2 ECN取引するならcTrader一択! MT4にはないメリット多数. デメリット1 mt4と比較 ... これにより「mt4・mt5」はstp口座、「ctrader」はecn ... 2020.03.12. mt4/ mt5は世界中の人が利用している優秀な取引ツールです。そんなmt4/ mt5を使って仮想通貨fxができないかと思ったことはありませんか? 実[…] 新興海外FX業者DealFX(ディールFX)を利用するメリットについて解説!!今後流行る予感!? 利用中のメインブローカー: XM, <株式投資> 36才会社員。メーカー勤務。FX歴は12年・AXIORYは使い始めて5年ほど。手法は基本スキャル〜デイトレ、時々大張り。2020年は自動売買の開発をしたい。, 毎年ロンドンで開催されているFinance Magnates Awards(FXの表彰式)で、2018年のBEST FX Trading Platform(最優秀FX取引プラットフォーム)に選ばれています。, 日本で有名な取引ツールMT4が毎年受賞していたのですが、MT4を抜き去った1位の快挙。, 高い取引環境・使いやすいインターフェイス・ECN環境との相性の良さが評価されていますが、特に使い心地の良さはを一級品でしょう。, cTraderとはなんぞや?という方や、MT4との比較は以下記事にあるのでこちらをどうぞ。, AXIORYを始めるときに、cTraderという取引プラットフォームを初めて知った人は少ないはずです。導入している会社はAXIORYをはじめとして数社しかありませんからね。この記事を読むと分かりますが、cTraderはMT4[…], 俺のFX(ForexExchange)という会社が導入していましたが、現在はMT4のみの提供です。, スプレッドの狭さと約定力の良さはピカイチで、高い取引環境でトレードしたいトレーダーが使っています。, ただ、海外FX業者が提供しがちな豪華なボーナス・派手なキャンペーンが一切ないので、ボーナスが欲しい方にはおすすめしません。, 金融ライセンスはベリーズで取得しており、顧客資金も「Union Bank」で分別管理しているので安全性もバッチリ。, 取引ツールもMT4,MT5,cTrader,CURRENEXの4種類すべてコンプリート。口座タイプも5種類から選ぶ事がで可能です。, さらにロスカット水準が証拠金維持率100%なので、ハイレバレッジをかける事はできません。(500倍かけると証拠金維持率は100%なので強制ロスカット), 取引環境も高い水準のものを揃えており、cTraderの魅力を引き出すのに支障はありません。, FXproは世界有数の大手リクイディプロバイダーと契約しており、約定力もプロ級です。, ただ、最小入金額が5万円必要な事と、スプレッドがドル円で1.4pipsほど要求される事がネック。, スプレッドにこだわりたい投資家はAXIORYかTradeViewをおすすめいたします。, 海外FX業者として、もっともバラエティ豊かに対応できており、スペックも高いのはTradeViewでしょう。, 資金も潤沢にありcTraderでガツガツトレードしていきたい人はTradeViewがおすすめ。, ただ先ほどもお伝えしましたが最小入金額が11万円なのと、ロスカット水準が100%なので少額取引には不向き。, cTraderを試してみたい人や、少額から始めたい人であればAXIORYがおすすめです。, AXIORY(アキシオリー)についての評判/口コミを知りたい方に向けて、実際に利用しているトレーダー目線でレビューします。実際のスプレッドや、cTraderの使用感、約定スピードなど気になるスペックも検証しているので参考にし[…], 日本人非対応など安全性が担保できるものではないので、当サイトでは推奨しておりません。, 2011年設立でインドネシアにある海外FXブローカーOctaFxでも、cTraderを使う事ができます。, ただ、出金拒否の声がちらほら聞こえるのでそこまでオススメしません。FPA(Forex Peace Army)という海外の口コミサイトをみてもscam(詐欺業者)認定している口コミも見受けられたので、推奨はしておりません。, 最大レバレッジ1000倍、最小入金額5000円と魅力的なFIBOGroupですが、日本語は非対応です。, ライブチャットや電話対応もしているので、英語ネイティブには利用しやすいブローカーですが、日本人にはややハードルが高いかと。, 最大レバレッジ2000倍の何とも魅力的なブローカーですが、近年まで日本後非対応でした。, ちなみに2019年から日本後に対応しましたがサイト下部には「日本居住者にサービス提供をしてない」との文言があるので、もう少し様子を伺うべきでしょう。, ただ、ブローカーとしての価値は高く169ヵ国に800,000人以上の顧客を抱えるほどに成長しています。, ドル円のスプレッド0.3pipsなのでcTrader取り扱い業者の中でも優秀な部類ではあります。, ただ日本人口座が一時閉鎖されたりと不安定な面も多くみられるので、当サイト非推奨業者です。, やはり、すでに日本人利用者がある程度いるTradeViewやAXIORY等の業者の方がおすすめだと言えるでしょう。, オーストラリアのPepperstoneが金融庁の圧力により日本から撤退したのは有名な話です。, 2019年現在も、ペッパーストーンは日本人利用者の受付停止をしているので、利用はできません。, 海外FXをやる上で、オーストラリアで金融ライセンスを取得している業者は利用できないと考えてよいでしょう。かなり厳しいので。, 実は海外FX業者にとって、cTrader利用料が高いらしく導入を渋る企業がわりとあるらしいです。, ただ、海外FX業者でスキャルピングをするのであればcTraderを試さないのは愚かな行為。, AXIORYの評判については”AXIORYの評判まとめ!AXIORY歴5年が口コミを元に徹底レビュー“をご覧ください。, あなたが海外FXに透明性と取引環境の高さをもとめるのであれば、ECN口座をお勧めします。AXIORYはcTraderを使ったECN取引ができる数少ない海外FX会社です。, 2018年のBEST FX Trading Platform(最優秀FX取引プラットフォーム)に選ばれています。, AXIORYの最大ロットは1000Lot!?最小ロット・1ロットについての解説と比較. そのため性能に違いがある。 以下の表でわかりやすくcTraderとMT4の違いを比較 … !MT4は各FX会社の一番少額の資金から始められる口座に必ず適用されているプラットフォームです。各FX会社の最大レバレッジでトレードができ、1000通貨(0.01lot)から取引できるのでリスクを下げながらトレードができます。, したがって、投資を始めたばかりの初心者や資金が10万円など少額しかない人にとっては便利です。また中上級者でもEAを使った自動売買でのトレードがメインの人はMT4一択です。ただ、裁量でスキャルピングなどを得意とする中上級者にとってはMT4は必ずしも使い勝手が良いとは言えません。, MT4での取引をする場合おすすめの業者はずばりAxioryやTitanFXです。AxioryやTitanFXをおすすめする理由は以下の4点です。, XMのゼロ口座やTradeviewのILC口座は、トータルバランス的にAxioryやTitanFXのECN口座には及びません。XMについては、AxioryやTitanFXと同じぐらい最大レバレッジが高くスプレッドも狭いので一見良いことづくめのようですが、実際にはそうではありません。2つの大きなデメリットがあります。, XMのECN口座はTradeviewのそれと並んでスプレッドが狭いのですが、手数料が他の業者よりもかなり高いです。したがって手数料込みで実質スプレッドを比べてみると、他の業者よりも条件が悪くなってしまいます。, ここがポイント! cTrader対応業者は、2019年11月現在ありません。 俺のFX(ForexExchange)という会社が導入していましたが、現在はMT4のみの提供です。 続いて、海外FX業者を比較していきましょう。 !またFX業者だけでなく注文をしたトレーダーにとっても一番有利なレートで注文ができるようになっています。そのためスプレッドはSTP方式とは違い断然狭いです。時間によってはスプレッドが0.0pipsで約定することもあります。, ただし、ECN方式の場合1lotごとに手数料が掛かります。スプレッドの狭さを気にされる方は、手数料も合わせた上で業者を選ぶ必要があります。, さらにECN方式は相場のプロが多数参加している市場と同じ環境でトレードができるというのが魅力です。国内業者では約定拒否が多いですが、ECN方式ではインターバンクに自動的に注文が通るので、約定拒否自体が起こりようがないのです。このようにECN方式はSTP方式やNDD方式よりも良い環境でトレードができます。, 海外のFX業者で代表的なECN口座がcTraderと呼ばれるプラットフォームです。国内のFX会社だけでのトレードしかしたことがない人はご存知ないかもしれませんが、cTraderはECN口座の中でも透明性が非常に高いツールなのです。以下の画像はcTraderの実際の画面です。, 左は主な通貨の気配値が表示されています。真ん中はチャート画面と保有ポジションの状況が見れます。今回はユーロドルのチャートのみを出していますが、レイアウトを選択することによって最大4つのチャートを同時に表示できます。, 右側は注文画面です。この画面ではMT4と同じく通常の注文画面しか表示されていません。しかし、注文ボタンの隣のDOMボタンを押すと、以下のような画面に切り替わります。, ご覧のようにFXでも株のような板情報をみることができるのです。どのぐらいの注文量がどの価格に集まっているかが一目でわかりやすいですね。さらに左側の標準DOMから価格DOMを押すと以下のような画面になります。, さらに詳しい板情報をみることができます。左側が売り注文がある価格とその注文量で右側が買い注文がある価格とその注文量を表しています。もちろんリアルタイムで注文の量や価格帯は切り替わっていきます。, 海外FX業者では国内業者とは違いECN口座がよく利用されていますが、ECN口座が使えるプラットフォームはMT4やMT5とcTraderがあります。ECN口座だったら、プラットフォームはどっちを選んでも同じなのでは?と思うかもしれませんね。, 実は同じECN口座でもMT4やMT5とcTraderでは全く違うのです。まずはMT4・MT5の違いについて解説いたします。, まずはMT4のメリットやデメリットについて解説します。海外FX業者でECN口座を提供している会社の中で、今でも多いのはMT4のECN口座です。MT4はいまだ一番人気が高いので、一定の需要がありますからね。, cTraderと比べた場合、対応しているEAやカスタムインディケーターが多いのが大きなメリットです。しかし、板情報が見れず、レートが本来の市場価格ではありません。そのため資金量が多く、大量のlot数で取引したいトレーダーやスキャルピングなど注文や決済のスピードが必要な人にとっては使い勝手が良いツールとはいえません。, 続いてMT5のメリットやデメリットについて解説します。MT5のメリットやデメリットについては下記の通りです。, MT5の場合は、MT4と比べると動きがスムーズで時間足が21種類もあるのでより細かいチャート分析ができる点はとても魅力的です。ただ、最低限必要な時間足があれば良い人にとっては必要な時間足も多いですね。一応EAを使った自動売買も可能です。, しかし、cTraderと比べた場合にMT4と同じデメリットがありますし、EAを使った自動売買には適していないです。というもの、MT5に対応しているEAが少ないため自分好みのEAを探せないこともあるからです。, したがって、資金がそこまで多くなく、cTraderよりも使い慣れたシステムが良い人にとっては、EAやカスタムインディケーターが多く対応しているMT4が良いです。, 正直MT5はよっぽどMT5の機能に魅力を感じた人ぐらいしか使う必要はありません。実際に資金量の大小に関係なくMT4は人気が高いため、MT5でトレードをしている人は少なく対応している業者も少ないのが実情です。, MT5の時間足の多さについては以下の表を見てもらえれば一目瞭然です。ご覧のようにMT4とMT5では対応している時間足がかなり違うことがわかります。時間足に黄色のラインが付いている足はMT5のみ対応している時間足です。, ここがポイント! cTraderとMT4の違い早見表. 海外FXでガチ勢御用達業者といえばTradeviewです。Tradeviewは日本ではあまり知名度はありませんが、他の海外FX会社よりも大き... FXの簡易版として投資初心者や忙しい方の気軽な投資手段となっているバイナリーオプション もちろん短期売買に強い方には、FX以上に稼ぎやすい投... 海外FX最強キャッシュバックIBはTariTali(タリタリ)&HighRebate(ハイリベート).

女性 精神年齢 高い 嘘 7, クーラーボックス ひび割れ 修理 4, Zoom 大人数 重い 10, 八木家 家 系図 19, 酒 飲めない なんj 7, パワーオン3 レッスン4 単語 6, Linknavigator Nas Navigator2 違い 8, Pillow 画像 表示 7, Unity アセット 自作 5, 住友林業 畳 種類 4, ロシア フィギュア セーラームーン 5, タナカ Saa 改造 5, 少年野球 配 球 9, ドラえもん ルナ Pixiv 6, 仕事 人間関係 縁切り 4, Mysql Inner Join 複数 遅い 4, 中国仕入れ Com 評判 24, 持久力 トレーニング 室内 8, 平野紫耀 神宮寺 勇太 仲良し 6, Digno Bx 初期化 14, 南流山 免許センター バス 4, Sora Tob Sakana 関ジャム 10, コルド バンクス バッテリー 10, あつ森 アンダー テール マイデザイン 11, A45 Amg ブレーキパッド交換 4, Javascript 実行タイミング ずらす 13, コンクリート 苔 高圧洗浄機 6,

Start a Conversation

Your email address will not be published.