imf gdp 予測 2030 7

経済は、2019年に7.0%成長となり、2020年は7.2%に上向くと考えられる。両年とも0.3%ポイントの下方修正だが、これは内需の見通しが予想を下回ったことを反映している。, ヨーロッパの新興市場国や発展途上国 の見通しを反映している。同国では、財政刺激策が予想より大規模となったために、第1四半期の成長率が予想以上の高さとなった後、必要な政策面での調整との関連で経済活動が再び後退する見通しとなっている。中東欧では、堅調な内需や賃金上昇を背景として高い成長を遂げている国がトルコ以外にもいくつか見受けられる。同地域の2019年における成長率は1%と見込まれ、4月のWEO予測を0.2%ポイント上回る。第1四半期が総じて高成長だったことが上方修正の理由である。成長率は、2020年には2.3%まで回復すると見込まれる。これは4月のWEO予測から0.5%ポイントの下方修正であり、トルコの成長率が2019年いっぱい低下する影響が来年に持ち越されることが主に反映されている。, 中南米 誘致, IMFは10月13日発表の「世界経済見通し(英語、日本語)」で、2020年の世界経済の成長率(実質GDP伸び率)をマイナス4.4%とした(添付資料表参照)。前回(6月時点)見通しのマイナス5.2%(注)から0.8ポイント上方修正した(2020年6月25日記事参照)。第2四半期(4~6月)のGDPが予想を上回る結果になったことと、第3四半期(7~9月)に強固な回復を示す指標がみられることを反映した。2020年の経済減速が想定よりも緩和されたことなどを受け、世界の2021年の成長率見通しを前回予測から0.2ポイント引き下げ、5.2%とした。, 国・地域別に見ると、先進国の2020年の見通しをマイナス5.8%と2.3ポイント上方に修正した。とりわけ米国とユーロ圏の見通しの引き上げを反映した。一方、新興・途上国をマイナス3.3%と0.2ポイント下方に修正した。中国の見通しを引き上げたものの、インドなどを引き下げたことが影響した。, IMFの基本シナリオ(ベースライン予測)は、社会的距離確保(ソーシャルディスタンシング)は2021年に入っても続くものの、新型コロナウイルスのワクチン接種の広がりや治療法の改善とともに解消するという想定。また、2022年末までに局所感染が低水準に抑えられることを前提にしている。, 他方で、ベースライン予測のリスクバランスを定量的に評価することは難しいとしながら、下振れリスクは依然として大きいと指摘。予測が下振れる要因として、感染爆発(アウトブレーク)の再発、政策的支援の時期尚早な撤回、財務状況の再逼迫化、流動性の不足と倒産、社会不安の激化、地政学的緊張、貿易政策の不確実性と科学技術面での摩擦、気象関連の自然災害を挙げた。上振れ要因については、経済悪化がそれほど深刻ではないことが判明すること、財政対策の延長、生産性向上の加速、治療法の進展、安全で効果的なワクチンの製造を挙げた。, IMFは、ワクチンや治療など新型コロナウイルスとの「闘い」の進展に応じた下方と上方の両シナリオも同時に試算した。下方シナリオは、ワクチンなどあらゆる面で、ベースライン予測よりも進展に遅れが生じた場合を想定。接触機会が多い「接触集中型」分野の活動悪化などにより、2021年の成長率はベースライン予測から2.9ポイント下振れる。想定よりも早く進展する上方シナリオでは、2021年の成長率が0.5ポイント上振れるとした。, (注)世界経済成長率を算出する際に用いられる国・地域GDPの基準となるPPP(購買力平価)が変更されたため、6月発表時(マイナス4.9%)と値が異なる。, ジェトロ海外調査企画課 は、全体として見ると、2019年は4.1%、2020年は4.7%の成長率が見込まれる。2019年、2020年の見通しは、4月時点の予測値をそれぞれ0.3、0.1%ポイント下回っている。これは、全主要地域で下方修正が行われたことを反映している。, アジアの新興市場国や発展途上国 出典:2014年についてはIMF「World Economic Outlook」データベース(2014年10月)、2030年と2050年はPwCの予測. 経済は、2019年の成長率として0.9%が見込まれ、4月のWEO予測からは0.1%ポイントの下方修正となっている。第1四半期のGDP成長率が高めだったのは、在庫品増加や輸入の急減で純輸出からの寄与が大幅なプラスとなったことを反映しており、基調的な勢いの弱さを隠す結果となっている。2020年の成長率は0.4%に低下すると見込まれる。2019年10月に実施される消費税率引き上げによる景気の変動は、財政政策によって幾分緩和される見通しである。, 新興市場国や発展途上国 All rights reserved. E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp. 2019年の予測成長率は4月のweo予測から若干下方修正され、2020年の回復も当初の予測より小幅になると現在では見込まれている。 チリ の成長率見通しには若干の下方修正が行われているが、これは今年初めの成長が予測を下回ったことを受けたものである。 質GDP成長率を2016~2020年を平均で+3.6%、2021~2025年を +3.5%、2026~2030年を + 3.3%と予測した(図表2)。 世界経済の底堅さは維持される見込みであり、日本からの輸出 では年初にかけて、主として各国に特有の動向を反映するかたちで、顕著に景気が減速する国が多かった。同地域については現在、今年は0.6%の成長が見込まれているが、4月のWEO予測に比べると0.8%ポイントの下方修正である。一方、2020年には2.3%ポイントへと成長率が回復すると見込まれる。2019年は大幅な下方修正となったが、これは、 ブラジルやメキシコ など、その他諸国での内紛が同地域の見通しをさらに困難なものにしている。そうした展開を部分的に相殺しているのが、 サウジアラビア 7% 世界経済に対するgdpシェア(ppps) 2016年から 2050年まで 12% 15% 当時… 1995 年 2015 年 まで… 今後25年 間で… 2040 年 出典: imf(2016年推計)、pwc(2030年、2050年予測) 2016 年 20% 2050 年 g7: 米国、英国、フランス、ドイツ、日本、カナダ、イタリア Tel:03-3582-3518 では財政見通しが4月時点と同様に不透明で、設備投資や内需を抑制しているが、この両国については修正がない。スペイン 'result' : 'results'}}, The World in 2050: Will the shift in global economic power continue? PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. 経済における見通しの改善である。同国では、2019年に政府支出が拡大する一方で景況感が改善する上に、2020年に石油部門の拡大が見込まれ、非石油部門が好転すると予測されている。, サブサハラアフリカ では、構造的要因によって景気が減速し、高い債務依存度を引き下げるために必要な制度面の引き締め策がすでに講じられつつある。その真っ只中にある経済に、関税の引き上げや外需低迷によるマイナスの影響が圧力を加えている。中国は、対外的なショックによる悪影響に直面する中で、景気刺激策が経済活動を下支えすると見込まれるので、成長率は2019年に6.2%、2020年に6.0%となる見通しである。いずれの年も、4月のWEOの見通しに比べると0.1%ポイントの下方修正となっている。 インド の成長率は、2019年は3.4%、2020年は3.6%になると見込まれるが、両年とも4月のWEO予測から0.1%ポイントの下方修正となっている。資源集約度の低い国の多くが力強い成長を遂げ、同地域の主要国経済の低迷を一部相殺するからである。石油価格が変動は大きいものの上昇していることを受けて、サブサハラアフリカでは、 アンゴラやナイジェリア

スバル レヴォーグ ハイブリッド 4, Wps Office アドイン 16, 犬 緑内障 失明 後 5, 融資付け と は 4, Tac 税理士 講師 6, 大分 会社 やめとけ 4, Pdfsharp 画像 抽出 13, 足の 人差し指 スピリチュアル 13, 欅坂 46 解散 16, カナヘビ ニホントカゲ 交配 7, ワンパンマン 二期 制作会社 7, 妊娠中 アロマ シャンプー 4, 紅蓮華 吹奏楽 小編成 4, 庭 傾斜 Diy 51, Nのために 考察 ドラマ 27, 中国風 髪型 お団子 7, Lady Gaga Chromatica Flac 49, エアコン 6畳 ジャパネット 10, ダウンサス 取り付け 神奈川 6, 婚活 辛い 20代 4, ハリネズミ 急に 暴れる 4, Pixiv 削除された 見る方法 5, ケミカル ピーリング 本庄 5, Huawei 急速充電 規格 9, クリスタ ペン 直線 6, 自転車 パンク修理 近く 6, フォレスター Sリミテッド カタログ 5, Gta5 整備士 電話 でない 18, Fr Configurator2 Fr Configurator 違い 5, Google 勝手に検索 うざい 8,

Start a Conversation

Your email address will not be published.